狙った色を作りだそう!色の基本をわかりやすく解説!

あなた
「うまくイメージした色が出せない!」
あなた
「なんか違う!」
あなた
「やっぱり色はセンスが問われるのか…」

他の人のチラシや広告デザインを見ると、何でこんなに色の表現を上手にできるんだろうと思ったことはありませんか?

やっぱり自分にはセンスがないのかな、なんて思ってしまったり、他の人の配色を参考にしても、自分のデザインにうまくはまらなかったり。。。

そんな人に向けて記事を書きます。

 

色については、これこそセンスではなく基本を知っているかどうか、という差がモノを言います。

色の基本をきちんと理解すれば、今後色で悩んで多くの時間を取られることが無くなりますのでぜひこの機会に学んでおきましょう。

この記事を読むと、色のことが理解でき、数値で色が作れるようになり色の数値分解までが出来るようになります。

色彩の基本知識

まず覚えるのは以下の3つ

 

  • 色相(Hue=色味)
  • 彩度(Saturation=鮮やかさ)
  • 明度(Brightness=明るさ)

 

です。

「鮮やか」とか「明るい」とか、普段何気なく感覚で言っているものですので、身近に感じられると思います。

この3つは色を決定する際の判断基準になります。色には3つの属性があると覚えておきましょう。

HSB

→色相(Hue)とは、赤や黄、緑、青などのその色の「色味」のことをいいます。
普段、色を示す時に何色の〜と言っているのは色味のことになります。→彩度(Saturation)とは、その色の「鮮やかさ」を示します。
彩度が高いほど鮮やかで、低くなるほど灰色になります。彩度がゼロだと無彩色(黒・グレー・白)になります。→明度(Brightness)とは、色の「明るさ」のことをいいます。
色相が同じでも、明度が低いほど黒っぽくなり、高いほど明るい色になります。

 

やや難しいかもしれませんが、大前提となる部分です。目に見える色にはこの3つの要素

 

  • 色相=色味
  • 彩度=色の鮮やかさ
  • 明度=色の明るさ・暗さ

 

が備わっていることを覚えておきましょう。

3色の組み合わせで狙うイメージカラー作り

3原色

シアン、マゼンダ、などと聞くと、パソコンのプリンターや会社の複合機などのインクやトナーをイメージするかと思いますが、まさにそれです。
これらのインクやトナーは色の3原色で、プリントや印刷はこの3原色+ブラック(K)で色を出しています。

まずは、C・M・Yの基本3色で組み合わせを作ってみましょう。

 

いきなりイメージの色を狙うのは色の数値の加減も難しくハードルが高いため、まずは

 

  • C(シアン=青系)
  • M(マゼンダ=赤系)
  • Y(イエロー=黄)

 

の3色を、先ほどの色相→明度→彩度の順で組み立ててみましょう。

1.色相を決める

使いたい色味3色(C・M・Y)をC+M、M+Y、Y+Cで100%と50%で組み合わせて行くと、ほぼすべての色相を表現することができます。

混色

この中から、イメージに近い色を選びましょう。

2.明度を決める

色の明るさを設定していきます。

パソコン上のCMYでは、白を足すのではなく、数値を下げていくことで明るさ調節ができます。
逆に暗くしたい場合はK(ブラック)を足していきます。

明度

3.彩度を決める

鮮やかさをそのまま保つ場合は何もしなくてOKです。
鮮やかさを減らして、くすませていきたい時は、使っていない色を混ぜていくと濁りが増していきます。

このように彩度を調節してみてください。

彩度

4.微調整して狙った色を作る

色の方向性が決まったら、あとはCMY(暗くしたい場合はKも)の数値を微調整してみましょう。

微調整

ここでポイントは、

 

できるだけキリのいい数字でフィニッシュする

 

ということです。

微妙な数値(小数点など)では、今後色を構成する時に何をどれくらい足せばこういった色になる、という感覚的なことを覚えにくいからです。

できるだけキリの良い数値でフィニッシュして、色の足し引きの感覚を養っていきましょう。

このように足したり引いたりして色を作っていくと、色を数値的に理解できるようになり、色を見ただけでCMYKの数値分解ができるようになりますので、あっという間に狙った色を作れるようになります。

色の持つイメージ

色、それだけで大きく印象を変えてしまいます。色の持つ性格を理解して正しく選びましょう。

どの色味もポジティブ要素とネガティブ要素を持っています。
以下のようにまとめてみました。

色のイメージ

良し悪しがあるので、適切に使い分ける必要があります。
例えば、冬の防寒アイテムのチラシに、若者向けだからといって青を使うのは、慣習に合っておらず寒々しく感じるので間違っています。

 

しかし、適切に選べば間違いなくイメージにぴったりとなりますので、

 

  • 誰に
  • いつ
  • どのように

 

いう基本的なことをベースに選びましょう。

間違った色選びをしてしまうと、思いっきりマイナスイメージになります。
色選びは慎重に、慣習やその場面にあった適切な色を選択してください。

まとめ

まとめ

この先、配色について学ぶ前にまず色というものがどのような要素でできているかということを理解して、きちんと自分で色を作れるようになっておきましょう。

すべての色は、

 

  • 色相(Hue=色味)
  • 彩度(Saturation=鮮やかさ)
  • 明度(Brightness=明るさ)

 

の3つ(3属性)で成り立っている。

そして、色は

 

  • C(シアン=青系)
  • M(マゼンダ=赤系)
  • Y(イエロー=黄)

 

の3つ(3原色)が基本色で、ポスターや本などの印刷はこれにK(ブラック)を足して表現している、ということを覚えましょう。

 

このCMY+Kを足し引きして、色相・彩度・明度を調節していくと、狙った色を作れるようになります。

その上で、CMYKの数値は出来るだけキリのいい数字でフィニッシュすると、数値で色を把握しやすくなり、CMYKの数値的な色分解が出来るようになります。

つまり、狙った色をすぐに作れるようになります。

 

さらに、色は

 

ポジティブ要素とネガティブ要素をあわせ持つため、誰に・いつ・どのように、を意識した使い方

 

がとても重要です。

さあ、次は配色のことを覚えていきましょう!

 

 

最新情報をチェックしよう!