SEOメリット4つ

Webライティング初心者に知ってもらいたいSEOのメリット4つ

SEOメリット4つ
Webライティングのことを勉強したいのでSEOとか関係ないと思うんだけど、、、
正直、SEOとか言われても良くわからないし、むずかしそう、、、

Webライティングは、Web用に文章を書くため、SEOへの意識は必須です。意識しないで書くと、せっかく書いた記事が見られる機会が少なくなってしまいます。

せっかく書く記事ですから、広くたくさんの人に見てもらえるようにしたいですね。

まず最初に、SEO対策で得られるメリットを紹介しながら、どういうものかを理解しましょう。

メリットが分かれば、どう対策をしていくべきがが分かります。ここから、SEO対策で受ける恩恵を知っていきましょう。

 

SEOをきちんと意識!得られるメリット4つ

分析

SEOを意識したライティング・コンテンツ作りを行うと、大きく以下の4つのメリットがあります。

 

1.新しい人(ユーザー・お客様)との出会いが増える

2.広告費をかけずに集客できる


3.「コンテンツ」という財産の形成


4.Webサイトの価値向上

 

Webサイト用に「文章をライティングしました」、「サイトを作りました」→「さあ見てください!」で見る人が来てくれるのは、告知した最初だけです。

オーガニックサーチ(自然検索)で知らない人を呼び込むのは、まさにSEO対策にかかっています。

しっかりとSEO対策で受けられるメリットを理解した上でライティングを行ないましょう。

 

SEOメリット1.新しい人(ユーザー・お客様)との出会いが増える

出会い

SEO対策をすることで、まだ見ぬ人との出会いが期待できます。

Webメディアは「検索」されることが前提です。その人はどのような経緯や経路であなたのWebサイトへたどり着くでしょうか。

 

【SNS・バナー経由】【検索】
「何となく良さそう、見てみようかな」でクリック「この情報を探している」・「これについて困っている」
本気度=低〜中本気度=高

 

「検索」をする人は、能動的かつ本気度が高いです。

SEO対策をしっかりして検索上位表示しておけば、本気度が高く、あなたが望む人を呼ぶことができます。

逆に、SEO対策をしっかり取らないと、本気度の高いお客様に見つけてもらうことができません。

 

来てほしい人が「何を」求めているか → 検索意図を考える → キーワード候補をあげる

 

初期段階はここからです。Webライティングはここをスタートとしましょう。

以後、文章内に適切な間隔と量でキーワードを入れつつライティングをしていきます。

 

こちらに、SEOキーワード設定の手順を詳しく解説しています。良かったら読んでみてください。

ムダ撃ち記事にしない、正しいSEOキーワード設定手順を解説

 

以下まとめます。

1.新しいお客さんと出会える

2.検索エンジンで検索して見に来るお客さんは本気度が高い


3.検索意図を考え、キーワード候補をあげる

 

新しい人と出会うため、しっかりとしたSEO対策を行ないましょう。

SEOメリット2.広告費をかけずに集客できる

集客

広告を使ってWebサイトへ集客するのも一つの方法ですが、きちんとSEO対策をすれば、広告費をかけずに集客できるようになります。

とは言っても、いきなり検索1位になることはGoogleの仕組み上ほぼ不可能ですので、段階的に行う必要があります。

ですのでいきなりSEOを狙わず、順序は以下のように考えましょう。

 

1.最初は広告に力を入れる → 2.SEO対策(施策・改善)しながら集客力をつけていく →3.広告費を減らす

 

Webサイト公開後は、広告に力を入れてWebサイトへ呼び込むやり方をオススメします。

呼び込む中で、「こういうキーワードで検索している」や「このページがやけにアクセスが多いな」と、見る人の「検索意図」がどこにあるのかを分析・判断できるようになります。さらに改善を行うことができます。

 

検索意図がどこにあるか探る → 文章をリライト(ライティング修正・内容改善)する

 

逆に言えば、呼び込む力がない=呼び込めていない状態では、見る人の検索意図がどこにあるのかが分からないので、改善しようがありません。

探る→リライトするを繰り返していくと、Googleは「このサイトは見る人に分かりやすいよう更新して新しい情報を提供している」と判断するので、Webサイト自体に力がついていきます。

これもSEO対策です。

この対策をしているうちに、検索順位は上っていきますので徐々に広告費を下げていくことができます。

 

以下まとめます。

1.Webサイトの集客は、最初は広告の力を借りてOK。いきなりSEO効果を求めない

2.アクセス解析し、見る人の検索意図を探り、リライトする


3.広告費を減らす

 

最終的にはWebサイトにかける広告費はゼロにするつもりで頑張りましょう。

 

SEOメリット3.「コンテンツ」という財産の形成

単にライティングして記事を書く、という意識よりも、「コンテンツを作る」ということを意識していきましょう。これはあなたの「財産」になります。

正しく頑張ったら頑張った分、SEO効果も高まり価値も高まります。そしてファンが増え、人気のサイトへ成長します。

 

見る人に役立つ、良質でオリジナルのコンテンツを作ることがSEO対策の近道です

 

1.「コンテンツを作る」という考え方=SEOの近道

文章は、動画などのコンテンツ(YouTubeなど)と比べると、比較的作りやすいコンテンツです。

コンテンツは文章、画像、動画などで作られますが、メインとなるのは「文章」です。

製品やサービスについて、その良さやメリットを伝えたり、見る人の悩みの解決やコミュニケーションを深めたりといったことを、文章を使って行なっていけます。

そして文章で作ったコンテンツは徐々に評価され、検索順位を上げる役割を果たします。

 

【広告での集客】【コンテンツSEO】
即効性が高い→集客が見込めるサイトが評価されるまで時間・労力がかかる
集客の持続性は資金力に依存積み重ねにより価値が高まる→持続性が高い

 

私はかつて広告費ゼロ、コンテンツSEOだけでWebサイトをスタートさせる仕事をしましたが、集客できるまで半年掛かりました。しかし、コツコツとページを増やした結果、そこから一気にPV(ページビュー)数が上がりました。

広告という集客方法だけに頼りコンテンツを増やさないと、いつまでたってもWebサイトの価値が上がらず「財産」になりません。

長期的に考えると、最初は広告に頼ってアクセス解析し、ライティングの修正改善をしつつ、しっかりと地道に新しいコンテンツやページを作っていくことの方が正解です。

 

2.コンテンツがもたらすもの

Webサイトを中心に好循環を作りだせれば、周辺のモノが「財産」となっていきます。

そのためコンテンツSEOで作っていくコンテンツは、すべて「見る人の役に立つ良質なオリジナルコンテンツ」である必要があります。

①Webサイトに新しいコンテンツが増える=ライティングのスキルが上がる

②Webサイトの価値が高まる

③検索順位が上がり、優先的にアクセスされるようになる


④SEOによって集客力が上がり、コンバージョン(購入・問い合わせなどのゴール)が増える


⑤役に立ったと見る人が感じる=リライトをすることで、さらに見る人の役に立つ


⑥SNSでシェアされ拡散される→新規ユーザー獲得

 

この循環を作るためには、やはりコツコツとライティングをし、コンテンツを溜めていくということが必要です。

 

以下まとめます。

1.コンテンツSEOを意識せず、広告だけに頼った集客は資金力に依存することになり、サイトが成長しにくい

2.制作するオリジナルのコンテンツは「財産」となる


3.Webサイトを中心に好循環を作り出す。そのためにはコツコツとライティングする

 

SEOメリット4.Webサイトの価値向上

価値向上

SEOを意識してコンテンツを作ると、ファンが増え、Webサイトを人気サイトへと押し上げます。

コンテンツを見て役に立ったと感じた人は、「リンク」という形でWebサイトを評価します。

良質な被リンクを獲得できれば、SEO効果がさらに高まり、さらに新しいユーザーを連れてきてくれます。

 

1.リンクを集めることの意味

リンクを集める=被リンクを増やすと、以下の点で評価が高まります。

 

悩みや問題解決ができた → Yahoo!知恵袋などにリンクが貼られた → そのサイトは広くたくさんの人の役に立っている

 

評価のポイントは、「人の役に立っている」というところです。

人の役に立っているコンテンツが、見る人の意思(リンクを貼る)で広められようとしている、だからそのサイトのコンテンツは良質な情報を提供しているので検索順位を上げるべき、とGoogleが評価するのです。

「Yahoo!砲」や「Google砲」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

Yahoo!ニュースやGoogleで、書いたコンテンツが取り上げられる(被リンクされる)と、普段いろいろな人が開くサイトなので、リンクからの呼び込みが増え、爆発します。

人の役に立つ良質なコンテンツは、良質なリンクを獲得してくれるので、「新しいコンテンツ作り」と「被リンク」の両方を意識していきましょう。

 

2.ブランディング効果を高める

被リンクされると検索上位表示に有利に働きますが、もう一つブランディングの効果も高まります。

上位表示される結果には「信頼性」があるからです。

「映画」で検索をしてみると、以下のように表示されます。

映画検索

 

映画と言えば「映画.com」や「TOHOシネマ」なんだな、という認識が生まれます。

このように、検索上位表示されることは、ブランディング効果も生み出すことになります。

 

以下まとめます。

1.良質なコンテンツは、良質なリンクを集めることができる

2.被リンクはWebサイトへの高い評価の結果である


3.高い評価を受けた結果、検索上位表示されるとブランディング効果が高まる

 

まとめ

まとめ

SEOを意識したライティング・コンテンツ作りを行うと、大きく以下の4つのメリットがあります。

 

1.新しい人(ユーザー・お客様)との出会いが増える

2.広告費をかけずに集客できる


3.「コンテンツ」という財産の形成


4.Webサイトの価値向上

 

新しい人との出会いを増やすためには、広告だけに依存するのではなく、ユーザーのためになる良質なコンテンツを増やしていくことが一番の近道です。

うまくサイクルし始めると、良い結果がどんどん生み出されていくのが、SEOを意識したコンテンツ作り=コンテンツSEOです。

コツコツと良質なコンテンツを作っていきましょう。

SEOメリット4つ
最新情報をチェックしよう!