アイキャッチ_ペルソナ化

ブログで言うペルソナ化とは?簡単に設定する方法を詳しく解説

アイキャッチ_ペルソナ化

ブログを書く上で、「見る人の役に立つ記事を書け」と言われていますが、そもそも誰に対して役に立つ記事を書けばいいのかわかりません。

「こんな記事を書いたら読んでくれる人の役に立てる」という視点だけで書いてはいけないのでしょうか?

ペルソナ化?それうまいんですか?

 

ブログを書く上で、「誰」に読んでもらうのか、ターゲット設定が大切です。
これを「ペルソナ化」と言います。

 

私は以前、「このブログ記事は絶対に悩みを解決できる内容だし、読めば誰もが納得する!」と自信満々で記事を書いていましたが、ターゲットがぼんやりしていたせいか、内容が教科書っぽくて取り留めのないものになってしまっていました。

当然、アクセスのトータル数字はめちゃくちゃ悪かったです。しっかりペルソナ化をすることで数字は良くなりましたし、何より記事が書きやすくなりました。

そしてうまいです。

 

ペルソナ化をすると、以下の点でブログ記事が書きやすくなるのでオススメです。

 

  • 特定の人を作って、その人に向けて書ける
  • 記事のブレや迷いがなくなる

 

また、架空のキャラを作ってストーリを書くこと自体も楽しめる部分なので、これを機に、記事を書く前にペルソナ化を行なう習慣をつけてもらえたら嬉しいです。

 

この記事を読み終えると、「ペルソナ化ってそういうことだったのか。難しく考えすぎてた!」「これならできそう!」と思えるようになります。
また、表面化している悩みの他に、裏ニーズまでを把握できるようになりますので、ターゲットとする人にきちんと響くような記事が書けるようにになります。

 

1.「ペルソナ化」の大前提として

分析

ペルソナ化をする上で、最初に知っておいてほしいことをお伝えします。

ブログ記事を書く上で、以下の2点の方法は、どちらが良いでしょうか?

 

  • 不特定多数に向け、ぼんやりとしたターゲットを設定して書く
  • 一人の人間に向けて記事を書く

 

どちらの方が有利かというと、「一人の人間に向けて記事を書く」方が圧倒的に有利です。

なぜなら、あなたに向けて書いてますよ、と「特定して専門性の高いブログ記事をブレずに書ける」からです。

 

そしてもう一つお聞きします。あなたがもしラーメンを食べたいと思った時にどちらに行きますか?

 

  • ファミレス
  • ラーメン屋

 

ファミレスでもラーメンはありますし、おいしいラーメンが食べられます。

でも、ラーメンが食べたいと思ったら、あなたはファミレスではなく、迷わずラーメン屋に行くと思います。

そのラーメン屋さんは、「この味を食べたい人に向けて」ラーメンの味を決めてブレずに作っているはずですし、そういう専門性が高いので、ラーメンを食べたい人はファミレスではなくラーメン屋さんを選ぶのです。

ブログ記事はしっかりと一人に向けて書きましょう。

 

でも、一人に向けて書いてしまって大丈夫なの?

と不安や疑問があるかと思いますが、大丈夫です。

 

あなたがラーメンを食べたいと思っている時に、そう思っている人は世界であなた一人だけでしょうか?

ラーメン屋さんにもし人が並んでいたら、その並んでいる人たちは、あなたと同じタイミングで同じように、ラーメンを食べたくてラーメン屋さんに来て並んでいるのです。

この例と同じように、

 

一人に向けて書いたとしても、それは「世界でたった一人」ではない

 

ということです。

同じように思ったり考えている人は、実は一人だけではなく多数いるのです。

これが「ペルソナ化」する上での大前提です。

 

ですから、安心して「一人に向けて」書いて大丈夫ですし、その方が専門性の高い記事を書きやすいです。

不特定多数に向け、ぼんやりとしたターゲットを設定して書くよりも、ブログ記事は一人に向けてガッツリと書きましょう。

 

それでは、どのように「ペルソナ」を作っていくかを次に解説します。

2.具体的に「ペルソナ化」をしてみよう

ペルソナ化

ペルソナ化は、読んでもらいたい一人の架空の人物を、さも本当にいるかのように作ります。

全体の流れは以下のようになります。

 

架空のキャラ(ペルソナ)設定→ライフスタイルをストーリ化する→悩みや願望(潜在意識)が浮かび上がる

 

あなたがターゲットとしたい人を、あなたの思うところで設定をしていってください。

この架空のキャラを設定することで、どんな悩みを持っているかを作ることができまので、きちんと設定しましょう。

 

1.架空キャラのデモグラフィックを作る

まず最初に、ブログ記事を読んでもらいたい一人を作るため、エクセルやGoogleスプレッドシートで以下のような表を作り、各項目を埋めていきましょう。

デモグラフィック
1.ブログ記事を読んでほしい人は何歳くらいの人?
2.ブログ記事を読んでほしい人の性別は?
3.ブログ記事を読んでほしい人はどんな仕事をしている?
4.ブログ記事を読んでほしい人の年収はどれくらい?
5.ブログ記事を読んでほしい人の家族構成は?何人暮らし?
6.ブログ記事を読んでほしい人の学歴は?
7.ブログ記事を読んでほしい人はどこに住んでいる?

 

年収とか書く必要あるの?

はい、「状況」を作るために必要ですので、リアルに作りましょう!

以下のような感じで、「人となり」をリアルに作っていきます。

 

  1. ブログ記事を読んでほしい人は何歳くらいの人? →(例)25歳
  2. ブログ記事を読んでほしい人の性別は? →(例)男
  3. ブログ記事を読んでほしい人はどんな仕事をしている? →(例)サラリーマン・営業職
  4. ブログ記事を読んでほしい人の年収はどれくらい? →(例)350万
  5. ブログ記事を読んでほしい人の家族構成は?何人暮らし? →(例)独身・一人暮らし
  6. ブログ記事を読んでほしい人の学歴は? →(例)大学卒
  7. ブログ記事を読んでほしい人はどこに住んでいる? →(例)上京して東京暮らし

 

これで架空キャラ(ペルソナ)の設定は完了です。

 

いかがですか?

もうこの時点で、どんなライフスタイルなのか、どういう状況なのか、ぼんやりと浮かんできているのではないでしょうか?

次に、その架空キャラの「ライフスタイル」と「悩み、または願望」の2点を、ストーリー的に書いていきます。

2.架空キャラの「ストーリー」を作る

ストーリー

その架空キャラ(ペルソナ)の「人となり」はわかりました。

ではその人はどんなライフスタイルなのでしょうか?というところを「ストーリー化」します。

以下のような表を作ってみて、書き込んでいきましょう。

ペルソナ設定
8.設定した人は、どんなライフスタイル?
9上で書いたライフスタイルから、設定した人はどんな悩みや願望を抱えていそう?

例として、SEOキーワードは「夏 快眠 グッズ」で行きましょう。

 

設定した人は、どんなライフスタイル?

 

社会人になって3年。営業という仕事には慣れてきたし、やりがいを感じている。

東京で一人暮らしは、家賃も物価も高くて貧乏生活。

そんな感じなので、水道光熱費は極力抑える生活を送らなければならない。

北海道から東京へ上京してきて一番まいっているのは、夏の暑さ。外回りはいつも汗だく。

疲れていても暑くて夜はよく眠れない。

次の日の外回りに影響するし、体力が毎日削られていくのが分かる。

 

上で書いたライフスタイルから、設定した人はどんな悩みや願望を抱えていそう?

 

  • お金がなく光熱費を抑えたい
  • クーラーを付けたくても付けられない
  • お金を使わないで暑くても安眠できる工夫
  • 暑さを解消する良い方法を知りたい
  • 暑さの中で体力を消耗しない方法

 

とこんな感じで、デモグラフィックで、その架空のキャラをリアルに作ることで「人となり」がわかるので、簡単にライフスタイルの想像ができてストーリーを作ることができるのです。

 

リアルにこういう人、いますよね(笑)。ペルソナ化はリアルであればあるほど、ブログ記事は書きやすくなります。

そしてそのストーリーの中から、あなたが知りたいゴールである「悩みや願望」が浮かび上がりました。

以上が「ペルソナ化」の方法でした。

「本題部分」と「裏ニーズ」

裏ニーズ

このペルソナ化で浮びあがった悩みや願望には、「本題」と「裏ニーズ」が隠れています。

本題は今現在、表面化している問題で、裏ニーズはなぜそうなっているのか、という潜在的な部分です。

 

この裏ニーズの部分はとても大事でして、本当に解決すべきはこの根本=裏ニーズにあるはずです。

ですから、この裏ニーズにまで及んだブログ記事にすることで、読む人は本題と裏ニーズの両面を解決する事ができますので、より自分事に感じます。

ひいては、あなたの書くブログ記事の価値はその人(または、同じような悩みや願望を持っている多数の人)にとって高いものとなります。

 

上の例で言うと、

 

  • 「本題部分」は、「お金を使わないで暑くても安眠できる工夫」
  • 「裏ニーズ」は、「お金がなく光熱費を抑えたい」や「暑さの中で体力を消耗しない方法」

 

になります。

 

タイトルを作る時は、本題部分と裏ニーズを上手く入れるようにすると、選ばれやすくなります。

そして、SEOキーワードをもちろん入れていく必要がありますので、例えばこんな感じのタイトルになろうかと思います。

 

夏の夜に!極力お金を使わず快眠できるオススメグッズ【失敗談あり】

 

このようなタイトルであれば、「暑くて安眠できないけど、お金がないから我慢している。でもお金をできるだけ使わないで安眠が得られるなら、仕事にも影響せずに済むぞ!」と感じると思います。

このように、読む人に近い未来がハッピーになる想像をさせるような「響くタイトル」にしていきましょう。

 

本文は、「本題部分」は、そのまま正攻法の情報を書き、「裏ニーズ」はあなた独自のちょっとした工夫や、実際にやってみて失敗したことや新しい提案などを書くと独自性が高く、読む人にとってより自分事に感じられるブログ記事になります。

もし書ききれなかったら、関連記事として別記事を1本2本書く、ということをしてみてください。

 

これで、競合サイトに劣らない、あなたオリジナルのブログ記事が書けます。

悩みや願望には、表面的な「本題」とそこに至った理由「裏ニーズ」がありますので、しっかりと見極めてタイトルと本文に落とし込んでいきましょう。

 

まとめ

 

まとめ

「ペルソナ化」と言うと、言葉のイメージが難しそうだったり専門性がないとできないような感じがしますが、実はそうではないということが分かったのではないでしょうか?

ペルソナ化することで、悩みや願望を持つ一人の人に絞ることができるので、ブログ記事はブレずに書きやすくなります。

それでは以下にまとめていきます。

 

前提として、

  • ブログ記事は不特定多数に向けて書くのではなく、一人の人間に向けて記事を書く
  • 一人に向けて書いても大丈夫。同じ悩みや願望を持っている人はたくさん存在する。

ペルソナ化の手順

  1. デモグラフィック(架空キャラの「人となり」)作りをする
  2. ライフスタイルをストーリ化する→すると悩みや願望が浮かび上がる

悩みや願望には、「本題」と「裏ニーズ」が隠れている

  • 本題は今現在、表面化している問題
  • 裏ニーズはなぜそうなっているのか、という潜在的な部分

タイトルや本文にきちんと本題と裏ニーズを盛り込む→読む人は本題と裏ニーズの両面を解決する事ができるので、より自分事に感じる

 

この記事は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

いかがでしたか?

この記事をきっかけに、ペルソナ設定が上手くできるようになって頂けたら嬉しいです。

アイキャッチ_ペルソナ化
最新情報をチェックしよう!