3つのライン効果を意識するだけ!狙ったデザイン表現が可能になる!

デザインの方向性は決まったけれど、それをどのように表現すればそれっぽい雰囲気になるのかわからない。

これは初心者にとって大きな悩みのタネですよね。

実は広告デザインの雰囲気は、3つのラインを意識すればそれっぽくなります。

ただし、注意ですが、

ここでの狙いは雰囲気作りです。

感覚的な要素なので、これを原則的に難しく考えずに、「〜っぽい」を意識して実践に取り入れてみる方が自然に出来上がります。

きっとリズム感の出し方がわかるので、表現は格段にUPしますよ!

デザインにおけるラインの役割とは?

ラインを意識するだけで、平坦なデザインにリズム感を持たせることができます。

例えば、今のあなたの感情を1本の線で表してみてください。

  • 落ち着いている=真横に一直線
  • 何だか悲しい=点線や破線(←ネガティブな広告をデザインをするケースはないので今回は説明しません)
  • 何かにワクワクしている=曲線や波線
  • 何だか暴れたい=激しい線やジグザグの線

を描くはずです。

これ、デザインでも同じなんです!

広告デザインはこのような感情をラインにしてデザインにしているケースがほとんどです。

どういうラインが使われているか、実例を見ていきましょう!

シンプルなデザインで意識するラインは「直線」

「直線」は

  • 「整理」
  • 「整然」
  • 「整列」
  • 「整頓」

などをイメージしたい時によく使われます。

例えば、法律事務所や、経営コンサルタント、病院など、信頼性を重視する仕事などのデザインに多く使われています。

割とカチッとしたスタイリッシュなイメージになるので、シンプルさや真面目さなどを表現するデザインに有効です。

みなとみらい総合法律事務所

参考:みなとみらい総合法律事務所

REVALUE NIPPON PROJECT

参考:パナソニック汐留美術館「REVALUE NIPPON PROJECT」

楽しさを出すデザインで意識するラインは「波線」

「波線」は、

  • 「動き」
  • 「楽しさ」

などをイメージしたい時によく使われます。

ポップさや、かわいさなどを表現するデザインに有効なものです。

パルコ

参考:パルコ

東京タワー

参考:東京タワー

アクティブさを出すデザインで意識するラインは「ジグザグ線」

「ジグザグ線」は、

  • 「興奮」
  • 「激しさ」
  • 「躍動」

などをイメージしたい時によく使われます。

スポーツや音楽など、アクティブさを表現するのに有効なものです。

参考:『ハイキュー!!』cinemacafe.net

doda

参考:パチンコ・スロットやすだ

コパトーン

参考:大正製薬 コパトーン

まとめ

どうですか?
たかが線ですが、この線という概念をイメージするとデザインにリズム感が出て、雰囲気はガラリと変わるはずです。

今からデザインするものがどういう感情のものかをイメージして、全体のデザインを考えてみてください。

 

デザインの基礎的なことをもっと深く知りたいなら、以下の3冊がオススメです。

広告デザイン初心者にオススメ!基本を押さえられる3冊

1.『ノンデザイナーズ・デザインブック』

ハッタン
オススメ度 5 いやそれ以上!

ハッキリ言いますとこれはバイブルです、聖書です。

著者が日本人ではなく参考例も外国の広告ですが、日本の広告例だと、広告内容を見てしまったり穿った目で見てしまったりするので、むしろ外国の参考例の方がイメージ的に頭に入りやすかったりします。

翻訳した本なので日本人の言い回しと違い、良く読まないと意味が理解できない箇所もあります。

なのでじっくりと読むことなるので、嫌が応にも頭に入ります。それがこの本の一番良いところかもしれません。


2.『けっきょく、よはく。』

デザイン初心者が陥りやすいこと、「埋め尽くす」について、そうではなく空白を活かすとこんなにも目への飛び込み方が違うでしょ、と実例を紹介しながら丁寧に解説してくれています。

デザイン例をたくさん掲載しているので、僕はデザイン案やレイアウト案に詰まった時にも見ては肥やしにしています。


3.『なるほどデザイン』

ハッタン
オススメ度 3.5

初心者にはとても取っつきやすい内容で、「デザイン=楽しい」をテーマにしている本です。実際に楽しくなります!

難しい理論的なことを出来るだけ専門用語を使わないで馴染みのある言葉で説明しています。

各ページとも非常にデザイン性が高く、見ているだけで表現の肥やしになって、よし!マネして作ってみよう!と思わせてくれるのでオススメです。

最新情報をチェックしよう!