3色配色

プロっぽく見せたい!たった3色で決める配色ルールを解説

3色配色
あなた
色数を絞ると素人っぽくならないのはわかった。でも、何をどう絞れば良いのかわからない。

 

あなた
デザインしていて、色数を減らそうと思っても、何を基準に減らせば良いのかわからない。

単純に色数を減らせと言われても、どう減らすべきか分からないですよね。

今回は、色数の減らし方で頭を悩ませている方に向けて解説いたします。

 

ハタ
配色センスはほぼ不要です!そして難しくもないです。

この配色ルールさえ理解できれば、3色でデザインをプロっぽく見せることができるようになります。

3色でプロっぽく!

難しく考える必要はありません。

単純に、

  • 「地の色」
  • 「文字色」
  • 「ポイント色」

の3つで考えましょう。

このように考えれば、簡単にセンスが良く自分らしさも表現することが容易になります。 また失敗もしません。

ハタ
色々なことを複合的に考えすぎると、まとまりがなくなり、結果ごちゃごちゃした印象になってしまいます。
なので、このように使い方を切り分けて配色を考えましょう!

1.「地の色」「文字色」「ポイント色」

  • 「地の色」・「文字色」=サブカラー→見やすさ、わかりやすさを最優先する
  • 「ポイント色」=主役カラー→ビジョン、コンセプトを可視化する

と考えましょう。

(説明の流れ上、この順番で説明しますが最初に設定するのは「ポイント色」です)

「地の色」ですが、これは

紙の色、背景色、または使う素材(写真など)の色

です。

(それぞれの例を図で)

次に「文字色」ですが、これは基本的に

見出し以外の本文は、黒または濃いグレー、地の色が濃い場合は白

といった、無彩色を選ぶと見やすく間違いがありません。

見出しは「ポイント色」(主役カラー)で選んだ色を使うと効果的です。

(例を図で)

そして「ポイント色」は

主役カラーとして使う

場合が多いです。

では、仮決めした主役カラーが本当にイメージ通りか判断していきましょう。

2.「色見本帳」を見て主役カラーを決める

仮決めした主役カラーが適切かどうか判断するためには「色見本帳」を使うのがベストです。

こちらのサイトで色を見つけることができます。

参考>>配色の見本帳

またはパッと探しやすいように紙の色見本帳を持っておくと良いかもしれません。

参考>>色見本帳

主役カラーの最終決定は、このような色見本帳をもとに、以下の2つを軸に最終調整してみてください。

  • 掲げているビジョンやコンセプトと主役カラーの意味が合っているか
  • 商品やサービスの中にあるストーリーと主役カラーの意味が合っているか

これらと照らし合わせて、仮決めした主役カラーが適しているかどうか、「そもそも」というところに立ち返って判断してみてください。

主役カラーを「ポイント色」などで効果的に使うと、ビジョンやコンセプト、商品やサービスのストーリ性を明確に示すことができ、見る人へそれらを印象付けることができます。

繰り返し使う(「反復」)ことになりますので、一貫性を持たせることができて、「これぞこのサービス色だ!」と認知させることへ繋がります。

3.シンプルで飽きのこない美しい配色を目指す

主役カラーが決まったところで、地の色と文字の色がバラバラな印象になっては意味がありません。

ここでオススメしたいのは、

その配色はシンプルで飽きのこないものか

ということです。

好きな色や使いたい色を使ってしまう失敗をしてしまいがちです。

まとめ

配色で最も大切なことは、

一貫性のあるルールを作る

まずはここが大切です。

そしてそれは、

  • ビジョンやコンセプトに合った主役カラーを選ぶ
  • 地の色、文字の色をわかりやすい色で1色ずつ選択する
  • 派手な組み合わせにならないよう、落ち着いた組み合わせになるように注意する

ということです。

この基準で配色ルールを作れば、プロっぽい配色が可能となりますのでぜひ実践してみてください。

今回は以上です。

3色配色
最新情報をチェックしよう!